THE FIDDLER'S FAKEBOOK

  • 2016.10.14 Friday
  • 01:20

THE FIDDLER'S FAKEBOOK

 

/ David Brody

 

こちらはfiddlerのためのリードシート集です。ケルト音楽や北米のトラディショナル音楽などおよそ500曲のメロディーとコードがアルファベット順に収められています。
それぞれの曲のタイトルとともに、どの録音から採譜したか、他の呼ばれ方(曲タイトル)、地方、様式、旋法などがしるされています。
もともとはブルーグラスやアイリッシュ音楽の譜面を探していて手にしたこちらの本ですが、木琴で弾いていくととても興味深いことに気づきました。
マリンバはバイオリンの曲を弾くことが多くあります。私が習っていた先生も、バイオリンの曲をいろいろ教えてくださいました。音域に無理がなかったり、クラシックの古典作品が存在しないマリンバ奏者にとってバイオリンの曲は大事なレパートリーだと思います。
バイオリンの速く弾く華やかなパッセージは、マリンバでもやはり華やかで、難しく、たくさん練習した記憶があります。

この500曲を始めからのんびり弾いてみて(まだ最後に行き着いていません。。)フィドルの得意とする動きと二本ばちの木琴の得意な動きはずいぶん違うということに気づきました。きっと私が下手なせいもあるのですが、、それ以来この本から、「なぜだか木琴では弾きにくい動き」を取り出して全部の調で弾くのが私の密かな挑戦となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、よく使われているなぁと思う三つのまとまりのフレーズ。二本バチだと地味にむつかしい。
 

 

こんなに少ない音しか使われていないのに、、本当に、これは、、

すぐには弾けないです。




手順のつけ方の検討にも繋がるのですが、「とっさに弾く場合」と「考えて弾く場合」両方やるのがよいだろうと思っています。

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.22 Thursday
  • 01:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする