頭と体のつながり

  • 2017.08.17 Thursday
  • 12:09
頭で思いついた音を手で間違いなく弾く、のは大きな大きな課題なんだけど、弾けないピアノの方がまだ上手くできるのは何故なのか。

ピアノにあって木琴にないもの。

五本の指
指が常に鍵盤に触れていられること
子供の頃からやっていること
音が伸びること
一度に目に入れられる音域が広いこと

このくらいだろうか。


まず五本の指。
木琴は二本のバチしかないので、とっさに選べる音の可能性は二つ。三つ以上の音を連続させる場合、その二本で回さなくてはならない。ついでに隣がピアノよりは、遠い。黒鍵も、遠い。ピアノよりは、ですが、。


次に指が鍵盤に触れていられること
きっと上手なかたはひらひらと、触れてなんかいない風に弾かれるのでしょうが、それでも木琴にくらべると不確定要素は少ないでしょう。私の場合は譜面がある曲もそうですが、音ミスが続くと、頭の中の音楽がわけわからなくなることも多い。
確実な場所に準備しておける、というのは強い。


子供の頃からやっている
これはちがうと信じたいけれど、鍵盤の幅や重さなんかは手が覚えているので、やってなかったらもっとピアノでも出来てないのかも。


音が伸びること
伸ばすときはトレモロやっているのですが、トレモロはそんなに大変じゃないけどやっぱりただなにもしないで伸びているわけではない。

一度に目に入れられる音域が広いこと
私はかなり視覚的に演奏しているので、見えた方が弾きやすいです。(ギターとか、バイオリンとか、弾いているところが見えない楽器が苦手)
目に入っている音の方が出す可能性がたかい。


色々挙げたけれどはじめの二つかなぁ。おもに。


次はどうしたらよいか、考えます。

昨日と今日の練習と、これからやってみたいこと。

  • 2017.08.12 Saturday
  • 17:09

完全に自分メモ的なブログを、かわいい写真でごまかそうとしている、わけではない、ことはありません。

ポモドーロテクニークは役立っています。
携帯を見る、などが推奨されている休憩時間(7分)は本気で寝てるけど。

早く弾く練習は
FとDとAのキーで116でした。


あとはそれぞれのキーで
ドミソド レファラレ ミソシミ...と16分音符で上がっていく。大きな動きのときに音ミスに注意する練習。おへそを意識する。

曲を使ってスリーコードのアルペジオとスケールで止まらずに埋めていく練習。

ハリーブレアーのソロをよく読むと、コードの音以外で定番で使う音がわかったので、そのスケールでソロを作ってみる練習。効果的で尚且つ無理なくスピードを上げられる方法がまだ隠れているはず。
明日続きを考えます。


これからやってみようと思う練習。
キソウチのときに、4-10までの連符のチェンジアップ。最終的には連符の中の最後の音か2個目の音だけにして、メトロノームからすこしずらす練習。

曲の中で3で割って同じ音を頭に入れる。ポリリズム的なソロを作る。


忘れないための日記でした。

速く弾く練習

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 12:27
今日からしばらくintroduction courseはレッスン4と5をいろんな調で弾いていくことにします。

今日はテンポ120-144
in G

でした。

左手のコントロールが甘い。この練習はきちんと休みを取りながらやらないと手を痛める気がするので、少しずつやります。

1オクターブで両手で弾く練習は、いい教則本がなかったので、スケールとアルペジオを。


次の休みはハリーブレアーのソロ部分を勉強して書いてみようと思います。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM