peopletree

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 08:50

木琴を弾いていない時から、人前に出る時はなるべく、ちゃんとした格好をしていようと思っています。

当たり前ですが。

 

じゃあ私の中で「ちゃんとした格好」が何か考えた時に、「誰かが気持ちよく作ってくれたもの」だと思いました。

もともと間に合わせのものを安く買うのはなるべくさけようと思っているのだけど、世の中には信じられないくらい安いものがたくさんあってびっくりします。安いものが悪いんじゃなくて、安いものを作っている人が苦しんでたら嫌だなぁと思う。

 

peopletreeはかわいくて、着心地も良くて、フェアトレードなので衣装によく着ています。

 

こちらがpeopletreeのサイトです。

http://www.peopletree.co.jp/index.html

 

この写真はトンプソンのとき。

ちょっとオールドアメリカ感がある気がして選びました。

かわいい。(衣装が)

アメリカっぽい。(ほんとはイギリスだったかもしれない。)

顔は和風。口紅買おうかな。。


 

 

 

もうすぐチョコレート(秋冬限定!)が始まるよ。

私は普段はあまりチョコレート食べないのですが(ホワイトが好き)、peopletreeのビターはおいしい!だいすき。

人に小土産にするのも好きです。かわいいし。

 

 

 

冬はセーターがかわいいのでどれを買うか悩み中。

 

 

 

 

0507-0522 cafe rin 作品展の準備

  • 2016.05.06 Friday
  • 09:01
去年の春、毎年作る私のライブフライヤーをみたrinの小松さんに、ニコニコしながら
「こやまさん、個展やってみませんか?」
と言っていただき、一年が経ちました。

絵描きになりたかった私はなぜだか木琴を弾いていて
大きな絵を描くのが嫌で、絵描きにはならなかった。
ちなみに、大きな音を出すのも好きではありません。
筆圧は薄いし、声も低くて小さいし、省エネ。

話はそれましたが、絵を描きました。
絵は勉強したことがないので(中学校の美術の先生はとても素敵な方で、色々な絵を描く方法、シルクスクリーン、マーブリング、フロッタージュ、バチック、引っ掻くやつ、など、を授業の中で教えてくれた。それはすごく大事に覚えています。)自分で思いつく方法でしか描けない。

制作のようすをすこし。



ジェッソで下地を塗る。「下地に」と書いてあったジェッソ。使い方がこれであってるのかは未だ不明。しかし便利。



楽器のかたちを描いて、紙テープ(譜面の製本用)を貼る。



切り取る。枠のほう使うのを間違えない。もちょっと簡単なかたちの楽器は紙まで切らないで切り抜けます。
ドラムは、カオス。この行程だけで数時間かかっている。



切り抜いた枠の方を貼る。深夜感のある写真。。



枠内にジェッソを厚めに塗って、しっかり乾かしたら好きな色を入れていきます。左下に写っているのがずっと愛用している絵の具。
フリマで買ったので元々古くて、色が変です。でもこれがないと描けない。
絵の具だけじゃなく、いろんな画材で色をつけていく。止まらないたのしい作業。



乾いたらテープを剥がして、完成。

こんな楽器の絵をいくつか描きました。
コントラバス、木琴、テューバ、ピアノ、バンドネオン、ウクレレ、トロンボーン、ドラム、スティールパン。
好きな楽器ばっかり。
クラリネットとフルートも好きなのですが、かたちに出来なくてあきらめました。