ストレッチ

  • 2017.05.18 Thursday
  • 12:25
最近は朝の練習のときにストレッチするのを習慣にしています。

床に座って前屈。
脚を開いて左右、前屈。
蹲踞。
深脚(で合ってんのかな、太ももの後ろを左右伸ばすやつ)
をやってます。

元々身体が凄まじくかたいのですが、(子どもの頃からかたい。)今もそんなに柔らかくありません。すごく頑張って、人並み。
今日は少し体調がわるくて、ストレッチもいつもよりかたかったです。キソウチみたいに、これも毎日やってると、成長してるのかわからないほど上手くいかない日がある。
バロメーターをいろいろ持っていたいと思います。

ストレッチ

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 12:30
最近絵を描いたりパソコンの用事が多いので体が固まっているきがして、ストレッチをよくやります。

どこの関節がどうつながってどれが動いているのかを考えながら練習するのはとても良いこと。

パッド(ラバー製)とスティック(メイプル)で練習したあとすぐに木琴を弾いてみて、木琴(ローズウッド)とマレット(ラバー製)これは関係がひっくり返っただけだからもっと活かせるのでは?
となんとなく思いました。

おもしろいと思ったので覚え書き。

ゆっくりあるく

  • 2016.04.19 Tuesday
  • 19:36

マリンバで現代曲をたくさん弾いていたときに、どうしても私のからだの大きさでは越えられない壁を感じて、
からだの使い方を習いにいったり調べたりすることがよくありました。

木琴を弾き始めてからもどう身体をつかうかはいつも興味があって、パントマイムの清水きよし せんせいのお教室に通いました。
パントマイムをやってみようと思ったきっかけは『天井桟敷の人々』という映画を観たことなのですが、清水先生と出会えて本当に良かったです。いっこうに何も上達しないダメな生徒でしたが、表現者として大切なことをたくさん教わりました。
私が通ったのはカルチャー教室の生徒さんがたくさん集まるグループレッスンでしたが、そこでいっしょになった方たちも大好きです。いつでも一緒に飲みたい!

パントマイムのお教室でやったレッスンの中で、木琴にいいなと思ったもののひとつは「ゆっくりあるく」ことです。これはマリンバにもいいと思う。
やり方は簡単で、
一人は合図をする係。残りの人たちはそれぞれスローモーションのようにゆっくり歩きます。
ストップの合図でその姿勢のまま止まります。

何度も繰り返していると、足のどこの部分でバランスをとっているか、とか、重心はいつ移動させるか、とか頭の中で意識して作戦を立てるようになります。
普段立っている状態で重心を感じるのって実はむつかしいので、時々ゆっくり歩いてみるといいと思います。