今日の練習

  • 2018.01.18 Thursday
  • 23:13
今日は朝のキソウチでなんとなく、リズムを割るトレーニングの話になったので、色んな練習について考えてみました。

木琴はどうしても「速弾き」が期待されている(気がする)ので、速く、間違えないで弾く練習にわたしはけっこう時間を割きます。
その楽器ならではの練習って言うのが、もっといろいろ共有できたらいいなぁと思いました。

先日、素敵なコントラバス奏者の方と同室で基礎練習をする時間があり、お互いに少し聴き合いながら、自分の練習をしました。
次々繰り出される色んな練習が、なんの目的で、どんな風に気をつけてやってるのか、そしてどんな時に使うのか、、、。すごくわくわくしました。。

そういえばこないだのピアノのレッスンで木琴を弾いた時、最近やっている、ターン(だいたい三連譜のghost note)を入れるのをこっそりと披露したら、先生が、「その木琴の可愛らしさは、思わず誰もが微笑むね、」とニコニコしていて、嬉しかった。

出来ないことがあまりに多い楽器ですが、木琴らしさ、活かしていけたらいいな。

そして、木琴という強烈なキャラクターの割に私はつまらない演奏しかできないのがコンプレックスなのですが(相変わらず、暗い、、)少しずつ、面白いこと増やしていけていると最近思います。


楽器らしい練習の発表会を色んな楽器の人とやりたい。
練習の発表会、って私らしいな。

ドリルの練習を楽しくする方法

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 23:57
苦手な練習をひたすらやっています。

頭と指が覚えるまでピアノで弾いて、
覚えたら左手で同じこと弾いて
次は木琴で同じこと弾く。


楽しくする方法を今日少し思いつきました。

とにかく焦らないことだ。
いつも間違えるところがあれば、どの音で間違えてるか、間違えた音はどの役割にあたるんだろう、とか。
同じ音が続くような覚えるきっかけになる部分があれば、それがなんの音かをじっくり考える。

間違う音をきちんと聴いて、正しい音との違いを確認する。

今の練習が終わったら、次はこれで、あれで、全部同じぐらいつまづいて、時間がかかるんだろうと怯えていると、早く進まなくちゃ、という気持ちになるけれど。

じっくり、きちんとのみこもう、という意識にしてみてから、なんと、楽しくなりました。
間違えることも価値があると思うようになった。

今は少し時間ができたから、というのもあるけど。


あせらないぞ。

お休みの1日

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 12:21
昨日は久しぶりに予定が無い日でした。
前の日に素敵なライブを観たのもあり、自分のために上手くつかうぞ、とやりたいこととそれに必要そうな時間を書き出してみる。
明らかに1日では足らなそうである。。

朝は作曲と編曲をしました。来週の「此処から見える〇〇な景色」のための。
マリンバと木琴とパーカッションです。マリンバ、特殊奏法をたくさん入れたかったので、めずらしく弾きながら作る。
今回は調や拍子など自分にいろいろ制約を付けたので、たいへん。


お昼ご飯を作って食べる。(明太子豆乳スパ)

昼はキソウチと苦手なスケールとドリルのような繰り返し練習。
1時間ほどで信じられないぐらい眠くなる。
お布団を取り込んでそのままお昼寝。(これぞ休日。)

30分ぐらいで起きて2時間ぐらいドリル練習(ピアノと木琴)。
眠って少し頭が覚えたのを感じて受験生の頃を思い出す。

なるべく行こうと思っているランニング。
ゆっくり4.5k走って帰りに譜面と五線紙コピーして1週間分のご飯の買い物。

帰って一息ついたらドリルの練習。1時間。ピアノで。
五線紙が足りなくて書ききれなかった残りの記譜。

CD聴きながらご飯を作って食べる。(唐揚げと揚げごぼうと、キャベツ千切りと大根おろしのお味噌汁)

お風呂にのんびり入っておしまい。

できなかったことは、銭湯に行くことと、絵を書いてデータにすること。木琴で曲の練習。

しかし、よいお休みでした。